読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永江慶充さんの姓名判断

古代ギリシアオリンピアの祭殿を基礎で真書、世界的なスポーツ大会を開催する事をフランスのクーベルタン男爵が 19 世紀末のソルボンヌ累代における会議で提唱、決意された。
夏季と冬季に大会があって、夏季オリンピック第 1回は、1896年にアテネ(ギリシア)で開催されて世界大戦による中断を間に置きながら続いている。 冬季オリンピックの第1回は、1924年にシャモニ・モンブラン(フランス)から開催された。 1994年以後は、立つのが 4で分けられて落ちる日に夏季オリンピックが、4で分けて 2街残る日に冬季オリンピックが開催される(FIFA ワールドカップが開催される日のようである). 1994年のリレハンメル大会で、夏季大会と冬季大会が 2年間隔で交互開催するようになった。
冬季オリンピックの始まった最初は、夏季オリンピックの開催国の都市に優先的に開催圏が与えられて来たが、降雪量の少ない国での開催に無理が生ずることから、1940年代全般に規約が改定されて同一開催の原則が廃止された(1928年アムステルダム大会の時時、オランダでは、降雪量不足でヌンサンがなくて、会長の確保困りの路から、この海衣冬季大会は性モリツ(スイス)で開催された).
大会の公用語はプランス語[1]で英語だが、プランス語版と英語版の規定に上位がある場合はプランス語を優先すると言って、プランス語を第1 公用語にする仕事を確かにしている。 現在は、プランス語、英語の外、開閉法会の意識等では、開催地の公用語も加える場合がある。
1988年、ソウル大会で以後、パラリンピックとの連動が強化されてオリンピック終了の後、同一国への開催[2]が、行われている。
名称[編集]
オリムプスの古代競技場の景色
「オリンピック」は、Zeusの神殿があったオリムプス(オリンピア)の名前を着せていてこの地で高麗大学オリンピックが開催されたことから命名された。 戦争の前は 「オリンピック」と言う表記であった。
歴史[編集]
アマチュアリズムを基本に日、古代の平和の祭殿の復興を目標にしたオリンピックだが、二度の世界大戦や、ミュンヘン大会におけるテロ事件、ネングゾンハでのアプガニスタン戦争に伴う東西のボイコット戦闘など、時々の国際政治の影響は大きい。 特にヒトラー政権下による 1936年のベルリン大会は、オリンピックそのものが利用された色彩が強くて、聖火リレーのルートを後日ドイツ国防軍がそのまま逆転したと思われるとかナチズムに対する批判を取り交わすために一時的にユダヤ人政策を緩和するとかするなど、政治が大きく陰を落としたのがなっている。 付け加えて夏季大会に対して、第1回大会から皆参加していることは、ギリシア・イギリス・フランス・スイス・オーストラリア[3]の 5ヶ国だけである。
ギリシアによる開催は、1896年と 2004年が正規の物になっている。 第1回大会の 10年後、1906年アテネ中間大会が唯一、例外的に開催されて開催事実も記録も公式と認めてメダル授与も行っている。 しかし、4年に 1度のサイクルから外れた開催だから、後にこれはキャンセルで思われて現在は正規の開催数に計上されないで優勝者もメダリスト名簿から学び終わられて登録されなかった。
各期ごとにの概略は、以下を参照。
黎明期[編集]
クーベルタンを描いた切手(1993年、アゼルバイジャン)
クーベルタンの提唱によって、第1回オリンピックを 1896年ギリシア王国アテネで開催するようになった。 資金集めるに苦労して、会期も 10日間で短かったが、バルカン半島の呉拘泥の一つと言う国際的地位をいっそうもっと進めたいと言うギリシア王国の協力もあって大成功に終わった。 しかし、1900年のパリ大会、1904年のセントルイス大会は、同時期に開催された万国博覧会の部属大会になって下ってしまって、賞金包含の競技(景気)(1900年), 煙管マラソンの発覚(1904年) など大会運営にも下手な腕前が目立った。 1908年のロンドン大会、1912年のストックホルム大会から本来のオリンピック大会としての体制が本当にあり始めた。 1908年のロンドン大会ではマラソンの走行距離は 42.195 kmだったがこれが 1924年パリ大会以後固定されて採用されている。 この時期には古代オリンピックに模倣してスポーツ部門と芸術部門のドルギョングギフェが開催されていてクーベルタンも 1900年パリ大会で芸術部門で金メダルを獲得している。
発電機[編集]
ベルリンオリンピックの時のベルリン・オリンピアシュタデ-オン。 右側の柱にはナチス・ドイツのハーケンクロイツが描かれている。
第1次世界大戦で 1916年のベルリン大会は、開催中止になったが、1920年のアントウォプ大会から再開されて初めてオリンピック旗が会長で疲労された。 この時期は、選手村・マイクロホン(1924年), 冬季大会の開催(1924年), 約 3週間の開催期間(1928年), 聖火リレー(1936年) など、現在の大会の基盤になる施策が採用された時期である。 この時期からオリンピックは万博の添え物だと言う取り扱いから国家の国力を比べる基準エロ書国際社会から認知されるようになって 「挙国的でのメダル紛争」が萌芽した。 この姿は 1924年のパリ大会を描いたイギリス映画 「炎のランナー」をよく分かる。 開催国の方もオリンピックを国際社会に国力を誇示する一帯イベントと認識するようになってオリンピックが盛大になって、それを国策に使おうと思うリーダーが現われて 1936年のベルリン大会は当時のナチス政権は巧みに国威発揚に利用した。 聖火リレーやオリンピック記録映画の製作等の劇的な演出もこの時始まった。 その後、第2次世界大戦でオリンピックは、2回るが類集まってしまう。
拡大機[編集]
第2次世界大戦が終結して、1948年ロンドンでオリンピックが再開されたが、敗戦国のドイツ・日本は、招待されなかった。 また、1948年のロンドン大会から芸術部門が廃止されてスポーツブムンマンドエオッダ。 これによってオリンピックは 「古代ギリシアの権威を身にかけた世界屈指の国際的なスポーツ競技大会」としての性格を確立する。 1952年のヘルシンキ大会でソビエト社会主義連邦共和国 (以下ソ連)が最初参加して、オリンピックは、名実とともに 「世界の大会」と呼ばれて同時に東西冷戦を象徴する場所になって、アメリカとソ連のメダル紛争は、話題になった。 しかし、2個の中国問題(中国と台湾), ドイツ問題(東西ドイツ)など新しい問題点も浮び上がって来た。 そして航空機の発達によって、興味にだけ限定されていたオリンピック開催地を世界に広げる結果になって、初南半球での開催になる 1956年メルボルン大会(オーストラリア), 初アジアでの開催になる 1964年東京大会(日本)とヨーロッパと北米以外の新しい地域からの開催地が仲間にした。
オリンピック洞の時代[編集