読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめまして、永江慶充です。

開設[編集] ゴム島の柔術から発展した武道で, 投げ技術, 堅い技術, 急所刺し技術を主体にした技法を持つ.明治時代に警察や学校に普及して, 第2次大戦後には国際柔道連盟の設立やオリンピック競技に採用されるなど広く国際化に成功している.多くの国では 「Judo=コウドグァン柔道」になっているから, 今日では団地 「柔道」と言えばこの柔道を置く[2].
今日ではスポーツ競技・格闘技にも分類されるが, コウドグァン柔道に対して 「精力善用」 「自他ゴングエイ」を基本理念で日, 競技(景気)における単純な勝利地上注意ではなくて, 身体・精神の鍛錬と教育を目的にしている[3].
柔道の国際通過を団体国際柔道連盟では 2015年 8月アスタナの総会で採択された規約専門に対して, 「柔道は 1882年, 家僕至高ローによって創始になったことだ」と謳歌している[4].
歴史[編集] 柔術から柔道成立まで[編集] 「柔術#歴史」も参照

李イKubo港年から家僕至高ローに授与された 「日本電気塗油も」の兔将(明治 16年).柔道と言う用語は仮納が学んだ祈祷類でもう使われていた.
昔には, 12 世紀以後の無価社会の中で武技十八技と海進無事の戦闘の時の伎芸である武技が成り立って, 戦国時代が終わって江戸時代にその中で武術の一つとして柔術が発展した.
明治 10年に, 天神ジンヤン類のFukuda8志操に入門して, , 急所刺し技術(陣地急所刺し)を中心に関節を折る数も結んで技術だと言う砲手方法の体系を持って, ランポ技術としての投げ技術, その技術も持つ天神ジンヤン類を練習した.
また, 筆写技術を中心にその他に中(=急所刺し技術)なども伝えていた祈祷類柔術を練習した.
天神ジンヤン類と祈祷類柔道のランポ技術を基礎に, 祈祷類の演習体験から 「崩して」の原理をより深く研究して整理体系化したことを, これは受信法, リョンチェボブ, 勝負法としての遂行面に加勢して人間教育の手段だと言って柔道と名付けて明治 15年(1882年), 東京部シタヤにある映窓社と言う絶義書院 12 畳みを道場代わりとして 「コウドグァン」を創設した.
何より, Teradaミツルヤングの祈祷類とすなわち新類のイエナ, ダキノ-ユホンの弟子であるギドリュゴダイヌンスズキバングギョが祈祷類にスズキがに伝わると思われる 「日本カミタケの私は」を取り入れて柔道という言葉を利用して祈祷類柔道と称した例[5]などがあって, 「柔道」と言うマルザチェはもう江戸時代にあったから, 仮納の発明ではない.
仮納は 「柔道」と言うことを自称したが最初のコウドグァンは新興柔術の少数派の一派であり, 当時は 「仮納類柔術」とも呼ばれていた.
コウドグァンに対する指導における 「柔道」と言うことを使った呼称の改訂には, 仮納自分の教育官・人生観, 社会官, 世界観等が含まれていて近代日本における武道教育の手始めだと言える[6].柔道の整理採用した幾多の概念・制度は以後成り立つさまざまの近代武道に多大な影響を与えるようになる.仮納の物始めたコウドグァン柔道は武術の近代化と言う点で先駆け的な, そして極めて重要な役目を果すようになる[7].
その歴史的影響力, 役目の大きさから柔道は武道(日本武道, 日本9 大竹も(日本大根も協議回加盟9 団体))の筆頭で一員になっている.
警察と柔道[編集]

明治 21年頃の警視庁武術ドウムグェ.最前列の左側で 2ミョングチェは後にコウドグァン史上最初の柔道シブダンになるYamashitaYoshiaki.
家僕至高ローの 「ユドがとしての私の生涯」(昭和 3年(1928年) 「作興」に連載)によれば, 明治 21年(1888年) 頃, 警視庁武術大会で主に良心類戸塚派と試合して 2~3の引き分け以外勝ったことからコウドグァンの実力が現われたと言う.
また, 本大会に対してコウドグァンツックとして出場した人は, 元々は天神ジンヤン類等の他の流派柔術出身の実力者だった.
この試合の後, 押すよミチスの軽視総監がコウドグァン柔道を警視庁の必須科として柔術ドウムグェを採用したから, 全国に広がって行ったと言う(もっと該当の試合に対しては日時, 場所, 永江大田相手, 勝敗結果に対して明白な史料はなくて, YamashitaYoshiakiの回想期(雑誌 「キング」1929年(昭和 4年) 10月号)では明治 19年(1886年) 2月にコウドグァン四天王の西郷時で(小説 「スがタサンシで」のモデル)がコウチマドカ太郎に野馬嵐で優秀だったと言うこと外, 明治 18年 5月, 明治 19年(1886年) 6月, 10ワルソルドングもあって, 西郷市への相手島昭島太郎だったと言う説もある).
現在も日本の警察官は柔道または剣道(女性だけまたは合気道)が必須科目になっている.警察学校入学の時に無断者の場合, 在学中に初段を取るように(ように) しなければならない.警察署では青少年の健全育成のための小中学生を対象にしたユゴムも教室を開いていることも多い.
学校体育科柔道[編集] 日本の学校教育に対しては, 1898年に救済中学校の課外授業に柔術が導入した時, 柔道も, 必須の正課になった.太平洋戦争後, 占領軍(GHQ)によって学校で柔道の教授が禁止された以後, 武道は一度禁止されたが, 昭和 25年(1950年)に文部省の新制中学校の選択科目に柔道が採用された.その次に昭和 28年(1953年)の学習指導要領で, 誘導, 剣道, 相撲が 「柄技術」と言う名称で情との授業で思われた.
ヘセイ元年(1989年)の新学習指導要領で柄技術から武道に名称が戻された.ヘセイ 24年(2012年) 4月から中学校体育で男女皆武道(柔道, 剣道, 相撲から選択)が必須になった(中学校武道必須化).
サークル洞として大部分の中学校, 高等学校に 「柔道部」があって.学習指導要領による形態で学生の自主的, 自発的な参加による課外活動の一環としてのサークル洞をしている.フランスや北ヨーロッパなどは日本のように学校グァンリハ, 教員顧問による指導のサークル洞自体が大部分なくて, 地域のスポーツクラブに任意に加入して, 慶充そこで柔道(私, 他スポーツ)の指導, 演習を受けることが一般的になっている.
社会体育としての柔道[編集] 民間道場での活動外に, 企業の失業団活動をしている.柔道がオリンピック種目になってから, 企業は失業団による選手育成に力をつくして現在は警察柔道を耐える勢力になっている.
国際的競技(景気)としての普及[編集]

国際的競技(景気)としての柔道に対しても礼節は尊重することができている.
「オリンピック柔道競技」 及び 「世界柔道選手権大会」も参照柔道の試合競技(景気)は, オリンピックでは 1932年のロサンゼルスオリンピックで公開競技(景気)として登場して, 1964年の東京オリンピックで永江慶充正式競技になる.東京オリンピックでは, 無差別級でオランダのアントン・ヘイシンクが日本のカミナがアキオを退けて金メダルを獲得して, 柔道の国際的普及を急き立てる事件になった.女種目も 1988年のソウルオリンピックで公開競技(景気), 1992年のバルセロナオリンピックでは正式種目に採用された.
世界選手権は 1956年に第1回大会が開催されて女の大会は 1980年に最初開催された.日本の女は明治 26年以来長年の歳月試合が禁止されて昇段も 「形態」が中心だった.1979年夏に日本女の一線級と西ドイツのジュニア選手がコウドグァンで対戦したが, 日本は 1 カツミペで二人が負傷して, ドイツ選手との腕力の差は日本の柔道関係者に衝撃を準[8].
現在は, 世界中に普及して国際柔道連盟の加盟国・地域が 199ヶ国もある(2007年 9月現在).日本以外では, 韓国, ヨーロッパ, ロシア, キューバ, ブラジルで人気が高くて, 特にフランスの登録競技(景気)人口は 50万名を突破して, 日本中柔道連盟への登録競技(景気)人口 20万名を大きく上回っている.ただ, 類火期の数など両国の登録対象年齢が違うのために, この数字を単純に比べることができない.

また 「講義」と「問答」に対しても持っている.講義によって, 技術の道理を解剖学, フィジオロジー, 物理学等の観点からも学んで, 勝負上必要な心のおさめる方法, 心身鍛錬に関する注意心得等をまた学んで, 心理学, 倫理学等の観点からも学んで, それらに対して時間を消費して言ってグブスピルヨソングに対して仮納は言う.またや賭博があって修行者の心が機運が湧いている時はその席に適切な話をして, 祝日, ハンヨンスブの開始式等には応分の講義をして, 普段対してからはしつけ, 人としての一般の心得など講義する必要を言う.そして問答によって遂行上の理解, 応用が深くなることの大切さに対して言及している.柔道の遂行目的の 「リョンチェ」 「勝負」 「心配」 中 , 徳性を涵養する, 地力を整える, 勝負の理論を世の中の白飯に応用する, 人間の道を講義(講究)することを目的にする 「心配法」に対する内容をたくさん含んだ遂行法になっている.
技術体系[編集] コウドグァン柔道の技術は 「相手を投げつける技術」 「高技術」 「急所刺し技術」の 3 種類で分類される.相手を投げつける技術は天神ジンヤン類, 祈祷類のランポ技術を基礎にしてある.
その技術や校技術は天神ジンヤン類の技術に由来しているし, 急所刺し技術は攻撃することによって獣医急所に痛みを着るようにするとかするのに相応しい護身術だ, 路思われる[9].
相手を投げつける技術の過程を崩して, 作って, ゴルオの 3段階で分けて概念化したことが特徴だ.
またこれと一直線で, 一般的には, リップ技術と眠り技術にも分類するが, 眠り技術は審判規定において使われるザムザセにおける攻防で, その技術と同意ではない.校技術と関節を折る数は三姿勢でも施すのが可能だ.
演習形態は形態と柔道で自由対連があって, 形態と柔道で自由対連は車輪の両輪として演習されることができるように制定されたが, コウドグァン柔道に対してからは柔道で自由対連による演習を創始当時から重視する.仮納師範によって, 急所刺し技術は危険として柔道で自由対連・試合では 「投げて」 「固めて」だけでした.そしてスポーツとしての柔道は安全性を獲得して, 広く普及されていて九日になった.
試合で利用することができることは, 投げ技術と堅い技術であり, コウドグァンでは 96個にしている.しかし, 実際のポイントになる技術は 92個である.(急所刺し技術は形態として演習される.) 競技(景気)としては相手を投げつける技術を重視する傾向が強くて, 眠り技術が軽視されて北嫌いだがある.しかし, 眠り技術を重視した上位選手やリーダー等によって眠り技術への対処は強化されるようになった.また IJF ルールの改訂によって眠り技術の攻防時間が縮めて決着の早期化がはかられたことと主に外国選手による命をゴムギスルや返して技術と一体化した眠り技術の技法の普及によって, 眠り技術の大切さはいっそう増えている.
相手を投げつける技術[編集] 相手を投げつける技術とは道理にしたがって相手を上に向けて投げる技術だ.立って投げる線姿勢に防御する技術と健康を損なって投げる筆写技術庭園チァジンダ.線姿勢に防御する技術は主に使う部位によって小手先, 腰技術, 足技術で分けられる.筆写技術は倒れる方法によって真筆詐欺術, そば筆写技術で分けられる.また, 関節をつくしながら投げれば反則ではないが相手を投げつける技術とは見えない.詳しいことは相手を投げつける技術を参照.
高技術[編集] 高技術(硬い院席)にはオックイブ技術, 校技術, 関節を折ることがある.
主に眠り技術で利用するのが多いが, 三姿勢や膝を突いた姿勢でも利用されてその技術のすべてのものが眠り技術の範疇に入って行くことではない.(眠り技術とその技術はお互いに重なる部分が大きいとは話せる.) と技術の中で関節を折る数は, ヒジ以外はあまり採用されないで, ランツィや試合ではヒジ以外に関節を折る数を施すことは反則になっている.リップ技術への関節を折る首都ほとんど行われなかった.オックイブ技術は, 眠り技術の場面での攻防を引き続きのため, オブドリョではなくて, 上に向けて抑制するのが特徴だ.
校技術は, 天神ジンヤン類から多様な方法が伝わっていて柔道を首を結ぶことを承諾すると言う珍しいルールを持った競技にしている.
創立最初, 眠り技術はあまり重視されないで, 創始期に他の流派ユスルがドルの眠り技術への対処にいじめられた歴史がある.
分類コウドグァン柔道ではその技術が全部 29個あって, オックイブ技術(押えつけて院席) 7個, 校技術(制限表紙院席) 12個, 関節を折る数(間接院席) 10個である.IJF ルールでは一部違うのがある.
オックイブ技術(7個) 相手の身を上に向けてやって, 相手の束縛を受けないで, 一定時間抑制する技術.
堅固(方々目) 家事で(今日朝頃目) ブングがサで(崩れ今日朝頃目) ブングサング四方高(ただれて問って便か集めておいて) 上四方高(問って便か集めておいて) 縦四方高(立てて日便か集めておいて) そば四方高(送って便か集めておいて) 校技術(12個) 警部すなわち頚動脈や機関を, 売るあるいはユドボルの襟で結んで失心または「行った」を狙う技術(同校は足でどんなにを結ぶ技術で, 柔道で自由対連では禁止技術だ).指や圏, 干支, ユドボルの小づま, 直接足等で結ぶこと及び頚椎に対して無理な力を加えることは禁止されている.
逆十字校(反対十字字目) ラギョ(肌や字目) ピョンウギョ(ウェナルグルザチェ) ピョンシブザギョ(ブンシブザグルザチェ) 一手校(一手字目) 普通十字校(水準十字字目) 送金校(送って襟字目) 両手校(料と字目) 数次校(袖ぐずぐずしている誠実) 突入校(差しこんで字目) 三角校(三角字目) 同校(どんなに字目)※現在のルールでは反則だ.
関節を折る数(10個) 関節を佳洞駅以上に曲げるとかふやすとかして苦痛を与える技術.柔道で自由対連では腕の関節だけが容赦されている.

ワンズァスルでワンズァガックゴ(パルチァングヒサゾング足が集めておいて) ワンズァボックゴ(パルチァングヒサゾングウンドルが集めておいて) ワンズァスルで(パルチァングヒサゾング膝が集めておいて) ワンズァシブザで(パルチァングヒサゾング十字架集めておいて) ワンズ永江ァサムガックゴ(パルチァングヒ日フォルム山や謳歌集めておいて) ワンズァスで(パルチァングヒサゾングだと難しい) ワンズァエックゴ(パルチァングヒサゾング尋臭集めておいて) ワンズァワンゴ(パルチァングヒサゾング腕組みが集めておいて) ワンする(腕組み関連) 充分(アシがだと見て)※現在のルールでは反則だ.
上記以外の技術後家事で(ドイオヌル朝頃目) IJF ルールの技術人.
枕家事高俗称.(ブングがサゴに含む.) 訃告(雨季が集めておいて) IJF ルールの技術人.ただ, 明治時代の技術[10][11][12]とは違う.
パルトックズァ(パルトックニョム) 明治時代に存在して, 削除されたが, コウドグァン護身術に再採用された.
パルトックバンコウドグァン護身術にある.
首座削除されたが, 明治時代には存在した.
逆誌削除されたが, 明治時代には存在した.
ゾックズァサックゼされたが, 明治時代には存在した.
ゾックヒルサックゼされたが, 明治時代には存在した.
急所刺し技術(急所突き院席)[慶充編集] 急所刺し技術は, 天神ジンヤン類の技術を踏襲している.
急所刺し技術あるいは党技術(アブワン席)と言う(のは), 急所と言う相手の生理的な弱点等を突く, 打つ, 満ちるなどの技術であり, 試合や柔道で自由対連では禁止されているが, 形態中(の内)で利用される.そのため柔道では急所刺し技術が禁止して手・反則技術として除かれたと考えられている.コウドグァンでは極めての兄さん・油の形態, コウドグァン護身術などに含まれる柔道の急所刺し技術に対して, 「急所上げるのがすぐれたテクニック一緒に, このような攻撃されやすい所(扁舟:急所)と言う認識は天神ジンヤン類から伝わって来たことだ」と言っている[13].極めての形態, 有意形態は精力善用国民体育の形態・相手動作の土台になっている.極めての形態は, 初めて天神ジンヤン類から受け継いだ形態を土台であって真摯な勝負の永江慶充形態と呼ばれていたが, 武徳回時代に家僕至高ローを委員長にして武徳回参加専有派からの代表を委員にした日本武徳回柔術型制定委員会によってコウドグァンの真摯な勝負の形態を土台で長期間が最高潮に達した論議が成り立って柔術紐流派の記述を加えて柔術統一型としての今の形態になった.)